(2020/2/17更新)


 
お客様と乗組員の安全、保安、健康が当社にとっての最優先事項です。 中国本土での新型コロナウイルスの感染拡 大を受け、当社は次の通りコロナウイルスへの予防策を積極的に実施しています。 今後も世界保健機関(WHO)および米国疾病管理予防センター(CDC)と連携し、必要に応じて適切な追加措置を講じます。

 
1 中国、香港、マカオのパスポートをお持ちのすべてのお客様は、居住地にかかわらず、当社の客船にはご乗船い ただけません。


2 中国本土、香港、マカオへ30日以内に渡航された方、および経由された方は、国籍に関わらず、当社の客船には ご乗船いただけません。WHO で認識されている潜伏期間は 14 日間です。

(1) 該当のお客様へはクルーズ代金の返金が発生いたします。パスポートのスタンプページ等、渡航暦が証明できる書 類をご用意の上、お申し込みの旅行会社様経由でご申告ください。

3 香港の港の閉鎖を受け、香港寄港のコースにつきましては航路変更が生じます。改訂版の航程表がご用意出来 次第、お知らせ申し上げます。

(1) 閉鎖前までの措置として、香港より乗船されるお客様、及び38度以上の発熱が認められたお客様は、例外なくご乗 船をお断りしておりました。また、この場合のお客様への返金は発生しておらず、海外旅行保険のご利用をお勧めし ております。

4 全てのお客様は、通常通り、乗船前の健康状態のお伺い書をご提出いただきます。症状のあるお客様は検温の みならず、さらなる問診にご協力いただく場合があります。

5 乗船中に呼吸器疾患の症状のあるお客様は、本船の医務室にて実施されるコロナウイルスのスクリーニング対 象となり、場合によっては検疫チェックおよび下船の可能性があります。

6 当社が所有する全ての船において、既に厳格な消毒基準をクリアしている上で、追加の清掃および消毒を行いま した。

7 中国、香港、マカオのパスポートを所持しているすべての乗組員は、乗船しておりません。加えて、30日以内に中 国本土を訪れた乗組員は、乗船しておりません。

8 シンガポール及びフィリピンが寄港地または乗下船に含まれている航路には、中国籍の方はご乗船いただけませ ん。両国は現在、中国籍の方の受け入れを中断しております。

(1) 該当のお客様へはクルーズ代金の返金が発生いたします。パスポートのスタンプページ等、渡航暦が証明できる書 類をご用意の上、お申し込みの旅行会社様経由でご申告ください。

 
以上の措置は新たな通知があるまで実施されますが、WHO 及び US CDC 及び現地の保健当局と引き続き連携を取 り、状況に応じて内容を引き上げる場合がございます。現時点で多くの航路変更が生じており、現在中国に寄港する船舶はございません。今後も状況を注視し、随時必要な措置を行って参ります。該当のお客様にはご迷惑をお掛けし 申し訳ありませんが、皆様のご理解とご協力に心から感謝いたします。
 
2020 年 2 月 10 日 NCLH 日本オフィス
 
 

Norwegian Cruise Line Holdings Ltd. Coronavirus Protocol Update as of 2/7/20
The safety, security and well-being of our guests and crew is our number one priority. We have proactively implemented several preventative measures outlined below due to growing concerns regarding Coronavirus infections in China. We will continue to consult with The World Health Organization (WHO) and the U.S. Center for Disease Control and Prevention (CDC) and take appropriate additional action as needed.
Policies currently in place include:

  • Any guest that holds a Chinese, Hong Kong, or Macau passport, will be unable to board any of our ships, regardless of residency.

  • Guests who have traveled from, visited or transited via airports in China, including Hong Kong and Macau, within 30 days of their voyage embarkation,

    regardless of nationality, will not be allowed to board any of our vessels. The standard incubation period recognized by the WHO and US CDC for this virus is 14 days.

Guests who are denied boarding will be issued a refund when they provide proof of travel.

  • The recent Hong Kong port closure will result in itinerary modifications and we will share the revised itinerary as well as further details as they become available.

  • Prior to the port closure in Hong Kong, we implemented non-touch temperature screenings for all passengers embarking from this destination and any guest who registered a body temperature of 100.4 degrees Fahrenheit or 38 degrees Celsius or higher, were not allowed to board. Guests on these voyages were also subject to temperature screenings when returning from shore excursions at ports of call.

• Guests who were unable to sail due to a high temperature were advised to open a travel insurance claim with their insurance provider.

  • For all guests, we will continue standard pre-boarding health reporting and evaluation. Any guests who appear symptomatic are subject to pre-boarding medical evaluations including but not limited to temperature checks as deemed necessary.

  • Any guest who exhibits symptoms of any respiratory illness while on board will be subject to additional screening at our onboard Medical Center and may be subject to potential quarantine and disembarkation.

 
 
 

  • We have implemented additional cleaning and disinfection protocols on board all voyages. These protocols will be enforced in addition to our already rigorous sanitization standards in place.

  • Any of our crew members that hold a Chinese, Hong Kong, or Macau passport, will not be allowed to board any of our ships, regardless of residency. In addition, crew members who have traveled from, visited or transited via airports in China, including Hong Kong and Macau within 30 days will not be allowed on board our ships.

  • Singapore and the Philippines are not currently allowing Chinese nationals to disembark at their ports. Guests with a Chinese passport who are traveling on voyages that disembark in one of these regions will not be allowed on board our ships. If additional port restrictions are put into place we may have to modify this policy as needed.

o Guests who are denied boarding due to this will be issued a refund.
The above measures will remain in effect until further notice and are subject to change at any time as we evaluate the situation and continue to consult with local health authorities as well as the WHO and US CDC. At this time, we have made a number of itinerary changes and none of our vessels are currently calling to ports in mainland China. We also have the flexibility to alter our itineraries as needed to avoid areas of concern. All itineraries that call in mainland China for the next six months are currently under review and we will communicate any itinerary revisions as soon as possible. As always, we will closely monitor the situation and take appropriate action as necessary. We apologize for the inconvenience to any guests affected by these measures put in place to ensure the safety and well-being of all our guests and crew.
For frequently asked questions and information regarding the Coronavirus, please visit the following websites:

  • World Health Organization (WHO)

  • WHO Travel Advice

  • United States Centers for Disease Control and Prevention (U.S. CDC)

  • European Centre for Disease Prevention and Control (ECDC)

  • CLIA Coronavirus FAQs

  • CLIA Public Health and Medical Policy 

 

2020-21年 日本人スタッフ乗船航路発表



正装不要の5つ星客船・オーシャニア・クルーズ

 
オーシャニア・クルーズが生まれたのは2002年。
2004年にデビューしたレガッタ、続くノーティカ、インシグニアの3隻に加え、2011年にはマリーナが、2012年にはリビエラが船団に加わりました。2016年にはさらに「シィレーナ(Rクラス)」が加わりました。
 
「毎日がカジュアル」というドレスコードや制約のないオープンシーティング、その日の気分で自由に選べるレストラン…。高級客船の質の高さにカジュアルな雰囲気を取り入れたONE&ONLYのサービスは、世界中のクルーズ愛好家から高い評価を受け、名誉ある賞を数多く受賞しています。
 
受賞歴:トラベル&レジャー ワールドベストアワード受賞 2015・2016・2017
    コンデナスト・トラベラー誌金賞受賞 2015・2016・2017


資料のお問合せはこちらより
総合パンフレット、航路スケジュールなどの資料をお送りいたします


 
『メレンゲの気持ち』でご紹介

 

日本人乗客がオーシャニアを選ぶ理由トップ5

① 正装不要で、ドレスコードが「毎日カジュアル」なこと
② 食事のレベルが高く、特別レストランでも追加料金がかからず、日本での事前予約ができること
③ 無料の寄港地観光のサービスがあること(日本人スタッフ乗船航路にて)
④ Oクラス客船の97%(海側客室以上)に大型バスタブが付いていること
⑤ 大型客船では行かないような「小さな寄港地」が多く含まれていること


2017年 ベルリッツ 客船ランキング(中型部門)

 

1 バイキングシー(1695)
2 バイキングスター (1693)
3 クリスタル・セレニティー (1688)
クリスタル・シンフォニー(1680)
5 オーシャニア・リビエラ(1679)
6 オーシャニア・マリーナ(1677)
7 飛鳥Ⅱ (1633)
8 クイーンエリザベス(1579)
9 クイーンビクトリア(1572)
10 アルタニア (1521)





個人乗船のアドバイスとサービスのご案内