(2020/9/18更新)


 【対象航路】

2020/10/31までに出航するオーシャニアの全航路、10月に出航するアメリカ・カナダ東海岸航路は、運航休止が決定いたしました。
 

 

【日本人スタッフ・喜多川リュウからのご提案】

 
今回の特例プログラムでは、通常の主催旅行条件と合致しないため、いわゆる添乗員付きのパッケージツアーは設定が難しくなるでしょう。
 
弊社では、2009年より「日本人スタッフによる無料の寄港地散策サービス」を一部の航路にて設定をいたしておりますので、ぜひご利用ください。
 
※動画解説:日本人スタッフ乗船航路の概要(喜多川リュウ講演会より)
※2021年の設定航路はこちらをご覧ください。



正装不要の5つ星客船・オーシャニア・クルーズ

 
オーシャニア・クルーズが生まれたのは2002年。
2004年にデビューしたレガッタ、続くノーティカ、インシグニアの3隻に加え、2011年にはマリーナが、2012年にはリビエラが船団に加わりました。2016年にはさらに「シィレーナ(Rクラス)」が加わりました。
 
「毎日がカジュアル」というドレスコードや制約のないオープンシーティング、その日の気分で自由に選べるレストラン…。高級客船の質の高さにカジュアルな雰囲気を取り入れたONE&ONLYのサービスは、世界中のクルーズ愛好家から高い評価を受け、名誉ある賞を数多く受賞しています。
 
受賞歴:トラベル&レジャー ワールドベストアワード受賞 2015・2016・2017
    コンデナスト・トラベラー誌金賞受賞 2015・2016・2017


資料のお問合せはこちらより
総合パンフレット、航路スケジュールなどの資料をお送りいたします


 
『メレンゲの気持ち』でご紹介

 

日本人乗客がオーシャニアを選ぶ理由トップ5

① 正装不要で、ドレスコードが「毎日カジュアル」なこと
② 食事のレベルが高く、特別レストランでも追加料金がかからず、日本での事前予約ができること
③ 無料の寄港地観光のサービスがあること(日本人スタッフ乗船航路にて)
④ Oクラス客船の97%(海側客室以上)に大型バスタブが付いていること
⑤ 大型客船では行かないような「小さな寄港地」が多く含まれていること


2017年 ベルリッツ 客船ランキング(中型部門)

 

1 バイキングシー(1695)
2 バイキングスター (1693)
3 クリスタル・セレニティー (1688)
クリスタル・シンフォニー(1680)
5 オーシャニア・リビエラ(1679)
6 オーシャニア・マリーナ(1677)
7 飛鳥Ⅱ (1633)
8 クイーンエリザベス(1579)
9 クイーンビクトリア(1572)
10 アルタニア (1521)





個人乗船のアドバイスとサービスのご案内