平成元年創業・2007年より取扱、全アジア地区で2位の送客実績
オーシャニア・クルーズ日本地区販売代理店
株式会社ティーアンドティー
お問合せ 03-6794-1320 メール



【南フランスの小さな港】

サントロペ、アンティーブ、セートでその街の人になる

 

サントロペの街

  寄港地での過ごし方はひとそれぞれ。船会社主催のバスツアーに参加したり、個人で自由に世界遺産や美術館めぐりをしたり、過去に何度か訪れたことのある港なら船から下りずにデッキでのんびり読書に耽ったりするのもありだろう。
 
 地中海クルーズの王道として外せない南仏には、個人でぶらりと気ままに散策するのにうってつけな寄港地が多い。
 
 フランスが誇る名女優ブリジット・バルドーの別荘があるサントロペ、海辺にピカソ美術館があるアンティーブ、映画祭でお馴染みのカンヌ、アルルやカルカッソンヌなど、周囲にたくさんの世界遺産都市を従えるセート、「鷹の巣」に例えられる天空の街エズのふもとにあるビルフランシュなどなど…。
 
 マルセイユやニース、モナコなど、同じエリアの他の名の知れた寄港地に較べると、これらの街の規模はどれも小さい。だが、それこそが自由で気ままな散策を成り立たせる必要不可欠な条件なのだ。
 
 その理由はこうだ。街が小さいと、当然港も小さいので、下船はテンダーボートに乗りかえて行われる。大きな船があまり寄らないから、観光客が大挙して押し寄せることもなく、街はふらりと来た他所者にも無防備にその素顔をさらけだしてくれる。それがなんとも味わい深いのだ。
 
 理由はそれだけではない。街が小さいと、港から街の中心までも徒歩圏で、地図に頼らなくてもたどりつける。石塀に囲まれた旧市街に入ったらもうこっちのもの、分かれ道では直感に任せて好きな方に進めばいい。まさに「足の向くまま、気の向くまま」。初めから目的地が決まっているわけではないので迷うこともない。

サントロペの海辺のレストラン

サントロペの海辺のレストラン

 初めてなのにどこか懐かしい、郷愁漂う南仏の港町の徘徊を30分も続けていると、心身が解放されてくるのを感じる。自分が街に馴染んでくるからなのか、はたまた街が自分を受け入れてくれるからなのか…。摩訶不思議な南仏効果を味わいつつ小さなカフェでひと休みすれば、店主と常連客たちのカウンター越しの会話が耳に入ってくる。意味はわからなくても、それが洒落たBGMより心地よく響く。
 
 南仏の街の中心には決まってマルシェ(市場)がある。日本では見かけない野菜や、ジビエ系の肉はもちろん、魚屋では朝釣れたばかりの色鮮やかな魚が並んでいる。店の男たちはそれを客の注文に応じて手際よくさばいていく。食べたくなったら、すぐ近くのレストランに行けばいい。メニューがわからなくても、たいてい店の前の黒板には、前菜・メイン・デザートがコースになった「Menu du jour(今日のおすすめ)」が12~20ユーロくらいであるし、隣のテーブルで美味しそうなものを見つけたらウェイターにそっとそれを指差せばいい。海を臨むテラス席で、薄桃色の冷えたワインとともに味わう地元料理…、至高の時間になること間違いない。
 
 出港までの余った時間に腹ごなしに街をもうひと回りすれば、日が傾く頃にはすっかりあなたもその街の人になっているはずだ。
 
 外国客船に乗ると、乗り合わせた日本人乗客と世間話をする機会があるが、多くの方が冒頭に挙げたような「情報も少なく、あまり期待もしていなかった港がいちばん印象に残った」と話す。

 名の知れた寄港地の隙間を埋めるかのように配された未知の港たちだが、実際に訪れてみると、むしろそちらのほうにより心を奪われる。その感動効果は漢方薬のようにじんわりと心身に沁み入ってくる。次回はあえてそんな港が多く含まれた航路を選び、未知の港町に溶け込んでみてはいかがだろうか。


【ご体験ください! ゆったり優雅に流れる"南仏時間"を…】

写真をクリックすると、航路が絞り込まれます
フォトエッセイ:サントロペ、アンティーブ、セートでその街の人になる










サントロペの街

 

個人乗船のアドバイスとサービスのご案内

 
 
 
 
 

 
 
 


■南フランス編
■エーゲ海&イオニア海編
■アラスカ編
■アドリア海編


2016年11月リビエラ乗船
滝澤様ご夫妻


旅行前は、敷居が高そうだけど大丈夫かな?と思っていましたが乗船後すぐにそんな考えは無くなりました。
どのスタッフも笑顔で気さくに接してくれ、部屋はいつも清潔、料理も最高! 寝て起きたら次の寄港地に到着。最高に贅沢な1週間を過ごしました。
寄港地もいわゆる「観光名所」だけでなく、古い街並みや裏道、市場などその街の生きた様子を感じられとても良かったです。
観光後も船内でアフタヌーンティーやカフェを楽しんだり、ゆっくりお風呂に浸かったりと本当に自由に過ごせました。絶対また乗船したい!すっかりオーシャニアの虜になりました。これからハネムーンを迎える全てのカップルにお勧めします!


2015年10月リビエラ乗船
岩田様ご夫妻


いつも笑顔を絶やさないスタッフ、おいしい料理、清潔なベッド…、最高のサービスに囲まれて過ごした1週間を思い返すと、いまも思わず顔がほころんでしまいます。寄港地はどこも印象的なところばかりで、古い建物が残る街並や教会などからその土地の歴史に触れることもできました。同じヨーロッパでも国によって雰囲気が少しずつ違うことを楽しめたのは、クルージングならではだと思います。観光後は船でゆっくり休めるので、ストレスを感じない贅沢な毎日で、本当に『夢のようなハネムーン』を過ごすことができました。次のふたりの特別な記念日にもぜひ乗船したいと思っています。


2013年10月リビエラ乗船
白石様ご夫妻


ハネムーンにオーシャニアクルーズを選んで大成功でした。少し敷居が高いイメージがありましたが、私達若い夫婦でも存分に楽しめる旅でした。スーツケースを持ち運ぶ事なく、様々な街へ出かけられ、船内の居心地も最高、食事は美味しく、スタッフはとても温かい。ハネムーンをどの船会社にしようか迷っている方に本当にお勧めです!
 


2012年11月マリーナ乗船
岡様ご夫妻


オーシャニアクルーズ最高でした! 船内のスタッフ皆さんが私たちを家族のように迎え入れて下さり、本当に心のこもったサービスに感動しました! 寝ている間に船が移動してくれるので、スーツケースは船に置いたまま、すごく楽ちん! 毎日自由にプランを立てて、至福の新婚旅行を満喫することが出来ました! 次回はサントリーニ島やミコノス島など、エーゲ海周遊のコースに乗船したいと思っています!