最新情報(2017/6/27更新)


ただいま99秒のダイジェスト版をご案内しています! さらに詳しい動画は制作中です。


<イチオシ航路❶> 「青と白」の迷宮、エーゲ海に行こう! 

人気のギリシャ・エーゲ海の4島のいずれかをめぐる航路を表示します。
航路・料金の詳細は下の写真をクリックしてください。各寄港地の「歩き方」も動画解説しています。










<イチオシ航路❷> まだまだ無名? でもアドリア海には「個人散策」向きの素敵な港がいっぱいです!

港から旧市街が近く、個人の自由散策に適しています。気軽に中世にタイムスリップ!
航路・料金の詳細は下の写真をクリックしてください。各寄港地の「歩き方」も動画解説しています。









「アドリア海」&「エーゲ海」寄港を含んだ「日本人スタッフ乗船航路」3コース

日本人スタッフによる無料の寄港地散策サービス付き!
特典が選べる<O LIFE CHOICE>付き!詳細はこちら!

■2017年11月06日 ベニス〜ローマ(リビエラ)8泊9日
■2018年7月04日 ベニス〜アテネ(リビエラ)8泊9日 エーゲ海&アドリア海の両方をめぐる「最強航路」です!
■2018年10月26日 ベニス〜ローマ(マリーナ)7泊8日


■特典

《無料》インターネット
《無料》72コースのエクスカーション
《無料》ドリンクパッケージ
《無料》7,200ドルのオンボード・クレジット(船内で使えるお小遣い)
 

■早期追加特典

 チップ不要 – 最大8,200ドル相当
 ステートルーム1室あたり1,000ドルのオンボード・クレジット
 ホテルと港の間の無料送迎サービス
 《無料》船内医療サービス
 《無料》インターネット
 《無料》ランドリーサービス
 《無料》寄港地でのイベント
 《無料》クルーズ前日のラグジュアリーホテルでのご宿泊1泊


特典1:3つのチョイスの中からお好きな特典をお選びください。

1室につき、いずれか1点をお選びください。 
1室最大2名様までの適用となります。3〜4名様目には適用はございません。


 

特典2:もれなく! インターネットの使い放題

(1名様分・1日27.95ドル相当)

■衛星回線を利用するため、時間帯によりましては速度がかなり遅くなることがあります。
■写真などの容量の大きいデータの送受信には適しておりません。
■2名様目以降のアカウントは有料となりますので、二重登録をされないようご注意ください。
■複数の方、または複数のパソコンやスマートフォンでのご利用の場合には、最初に登録したアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」を共有されることで可能となります。

 


全船・全航路スケジュールのダウンロード


■乗船料金のほかにいくらかかるのか? クルーズ代金総額のチェックリスト
総額チェックリストのダウンロード

 


■日本人スタッフによる現地レポートをFACEBOOKにて発信しています!

 

 


正装不要の5つ星客船・オーシャニア・クルーズ

 
オーシャニア・クルーズが生まれたのは2002年。
2004年にデビューしたレガッタ、続くノーティカ、インシグニアの3隻に加え、2011年にはマリーナが、2012年にはリビエラが船団に加わりました。2016年にはさらに「シィレーナ(Rクラス)」が加わりました。
 
「毎日がカジュアル」というドレスコードや制約のないオープンシーティング、その日の気分で自由に選べるレストラン…。高級客船の質の高さにカジュアルな雰囲気を取り入れたONE&ONLYのサービスは、世界中のクルーズ愛好家から高い評価を受け、名誉ある賞を数多く受賞しています。
 
受賞歴:トラベル&レジャー ワールドベストアワード受賞 2012・2013・2014・215
    コンデナスト・トラベラー誌金賞受賞 2012・2013・2014・2015


資料のお問合せはこちらより
総合パンフレット、航路スケジュールなどの資料をお送りいたします


 


日本人乗客がオーシャニアを選ぶ理由トップ5

① 正装不要で、ドレスコードが「毎日カジュアル」なこと
② 食事のレベルが高く、特別レストランでも追加料金がかからず、日本での事前予約ができること
③ 無料の寄港地観光のサービスがあること(日本人スタッフ乗船航路にて)
④ Oクラス客船の97%(海側客室以上)に大型バスタブが付いていること
⑤ 大型客船では行かないような「小さな寄港地」が多く含まれていること


2017年 ベルリッツ 客船ランキング(中型部門)

 

1 バイキングシー(1695)
2 バイキングスター (1693)
3 クリスタル・セレニティー (1688)
クリスタル・シンフォニー(1680)
5 オーシャニア・リビエラ(1679)
6 オーシャニア・マリーナ(1677)
7 飛鳥Ⅱ (1633)
8 クイーンエリザベス(1579)
9 クイーンビクトリア(1572)
10 アルタニア (1521)





個人乗船のアドバイスとサービスのご案内